teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


第1回目の関ケ原

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月19日(水)07時41分24秒
  第1回目の関ケ原の不破の関の戦いですけど,主将の大海人皇子は来ていません。長男の高市皇子が,全指揮を執り戦いました。家康が,江戸にいて,秀忠が全徳川軍の指揮を執り戦いかったようなものです。しかも,高市皇子は初陣だったようです。大海人皇子は,野上行宮と言うところにいたようですけど,場所が分かっていません。この辺に,野上と言う地名がないからです。ただ,関ヶ原の時,家康が本陣を置いた桃配山ですけど,ここ大海人皇子が,合戦に先立ち兵士の士気を高めるために,桃を配ったと言う伝説があるので,桃配山の麓説が強いのですけど。桃は,中国では仙人の果物で,呪力を持っていると信じられていて,この考えは,古代日本にも伝来していたようです。ただ,日本書紀を読むと,詳しく書いてありませんが,近江王朝軍は,前夜,蘇我果安(そがのはたやす)と言う副将が,主将を斬り殺したので,兵士が逃げ散っていて,戦いらしい戦いは無かったようです。高市皇子が,開戦をしたとき,近江朝廷軍は逃げ散っていたとも読めます。だから,初陣でも勝てたように思います。大海人皇子は,参加しなかったと言うより,参加する前に戦争自体が終わっていたように思います。多分,3回の関ケ原で,一番簡単に終わった合戦だと思われます。大海人皇子軍は,瀬田に向かう軍と米原から長浜,湖西道路を通り,大津宮に向かう軍に分かれます。琵琶湖を一周した軍は,横息(おきなが)と言うところで近江朝軍と合戦をしています。横息も不明ですけど,米原周辺と言われています。継体天皇の母親が,横息出身と日本書紀に書かれています。まっすぐ,大津に向かった軍は,瀬田の唐箸で大きな合戦をやっています。壬申の乱ですけど,私は箸墓の合戦,瀬田の唐箸の合戦,横息の合戦が大きな戦いで,第1回目の関ケ原,不破の関の合戦は大きな合戦でなかったと思います。ただ,関ケ原,米原は,古代から交通の要衝だったと思います。大海人皇子軍は,信楽方面から来ていますので,鈴鹿周辺も通ったと思われます。3回とも,名古屋方面から来た軍が勝っています。偶然でしょうけどね。案外,不破の関の戦いと家康と三成の関ケ原との展開,日本書紀に詳しく書いてありませんが,同じような展開だったかもしれません。近江朝廷軍の本陣分かりませんけど,米原から来て,関ヶ原の入口位に本陣置いたようですから,三成と同じだったかもしれません。それで,大海人皇子が桃配山に本陣置いたとしたら,展開は同じだったと言う事になると思います。照井さん,多分,関ヶ原に来たら狭さに驚くと思いますよ。あんな狭いとこで,良く合戦できたと感心します。  
 

青野ヶ原の後

 投稿者:輔住(トータス砲)  投稿日:2018年 9月19日(水)06時37分14秒
  顕家の事は散々批判していますが、遠征がハードだったのだけは同情しますね。
青野ヶ原の後、新田義貞と合流するルートを通らず伊勢に向かった理由は諸説ありますが、
ハードな遠征だったためか領地のある伊勢で兵糧確保したかったのではと考えています。
 

関ヶ原

 投稿者:照井高之  投稿日:2018年 9月18日(火)22時28分29秒
  一度は行ってみたい場所、と言いたいところですが、
その近辺で南北朝時代の合戦というと北畠が最後の輝きを見せる青野原なんだよなぁ。
足利勢は負けたとは言うものの勝ちに等しい負け方をしたわけで、
顕家はそこから坂道を転がり落ちるように戦乱の世からフェイドアウト。
もともと南朝側は戦力不足に加えて北畠勢も遠征の弱みがあり、
奥州から率いていった大軍も連戦の疲れと望郷から勝手に戦線離脱していったのではないか。
 

関ケ原

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月18日(火)06時45分41秒
  関ヶ原のDVDを買いましたが,1回目の関ケ原,不破の戦いと3回目の関ケ原似てると思いました。2回目の関ケ原は詳しくありませんが。(笑)不破の戦いですけど,日本書紀が書きたくないよ~と言う書き方で,奥歯にものが挟まったような書き方ですから,なんで壬申の乱自体が起きた分かりません。まあ,皇位継承戦争,額田王争奪戦等いろんな説がありますけど,不思議なことに,日本書紀に額田王のぬの字も書いてありません。額田王は,60年後の万葉集に出て来ます。日本書紀が全く書いていない人物として,柿本人麻呂がいます。それで,額田王と言う女性全く正体不明です。推古天皇の孫娘説もあります。鎌足の最初の妻の鏡王の妹とも言われていますが,相当重要な女性だったようです。ただ,近江王朝の弘文天皇(大友皇子)ですけど,母がイガノイラツメと言う采女です。采女は,豪族の娘で,簡単に言ったら天皇の女奴隷です。ですから,弘文天皇は,普通,天皇になれる身分でありません。弘文天皇は,明治バカ天皇が,「大友皇子は天皇だった。」と言って付けた名前ですけど,私も,日本書紀を読む限り,天皇だったと思います。壬申の乱ですけど,これ天智のバカのごり押しで,采女と言う女奴隷の息子の弘文を即位させたから起きた戦いだと思います。だから,額田王を天智のバカが欲しがった。ウヨの言う,男系男子継承は,桓武天皇からです。それまでは,皇后がニギハヤヒの娘のイスズヨリヒメに行きつくかどうか?で,天皇の正統性が決まりました。この血筋でない場合,戦争が始まっています。壬申の乱もそうだと思います。桓武までは,女系男子継承です。竹田や櫻井よしこのバカは,男系男子とわめいていますけどね。天智は,額田王に子供を産ますために,大海人皇子から額田王を取り上げた。当時の皇位は,弘文でなく,天武が正当だったと思わわれます。これが,壬申の乱の原因でしょう。その意味では,皇位継承戦争でしょう。だから,豪族が全員,近江王朝を見限った。蘇我果安(そがのはたやす)が,不破の関に布陣した,官軍の将軍を斬り殺して官軍を空中分解させたり,紀大人(きのうし)が,近江王朝の情報をダダモレにしたのは,天智の作った近江王朝に正当性がなかったものと思われます。天智は,男系男子継承に変えようとしたけど,壬申の乱の敗戦で出来なかったものと思われます。第1回目の関ケ原は,皇位継承のもつれから起きたと思われます。ただ,この前後の日本書紀の記述読むと,どうも,唐や新羅軍が日本の大宰府周辺にいたようです。しかも,天武天皇は,新羅の皇子だったと言う説もあります。私は信じていませんがね。それで,天武天皇軍に,唐や新羅の兵がいたかも知れません。これが,日本書紀が「書きたくないよ~」と言う理由かもしれません。1回目の関ケ原は,単純でなく,相当裏がある様に思います。  

MEG ザモンスター

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月17日(月)17時59分14秒
編集済
  映画の話です。これも珍しい。(笑)MEG ザモンスターですけど,これメガロドンと言う,ホオジロザメの一族の話です。今から約1,800万年~150万年にいたサメで,絶滅したと言われています。サメの骨格は軟骨が多いので,全身骨格は残りにくいのですけど,口の部分は,固いので残る。メガロドンも,口だけが残っています。それが,2mあるわけです。口が2mあるホオジロザメですと,全長が25m前後になる。今のホオジロザメが平均8m,最大でも11mですから,それの倍あります。鯨が海にすみ始めたのが,メガロドンの絶滅したくらいです。それで,メガロドンが海で生活を始めた,鯨類を食い出した。それで,鯨がかなわんと言って,メガロドンの住めない寒い極の海に逃げた。このため,メガロドンは絶滅したと言うのが従来の説でした。でも,最近は,反対でメガロドンの骨が少数ですけど発見されます。そうすると,シャチやマッコウクジラと言う歯クジラ類の噛み跡がついている。それで,メガロドンは,鯨の歯クジラ類にバリバリ食われて絶滅したと言うのが最新の説になっています。今でも,歯クジラ類はホオジロザメを食います。イルカなんか,船が沈んで人が泳いでいて,サメに襲われると,ヒトを守るためにサメと戦ってくれると言う話もあります。サメよりイルカが強いようです。ところが,このメガロドンですけど,歯クジラ類にバリバリ食べられて結果,深海に逃げ込んだと言う説もあります。MEG ザモンスターは,メガロドンが深海に逃げ込んだ説で作った映画です。深海に逃げ込んだと言う説は,少数意見で絶滅説が強いのですけどね。私も,赤道にいたメガロドンが,深海に逃げ込むのは厳しいと思います。深海は,水深300m以下を言いますが,水深100m位に逆転層と言う海水層があります。何が逆転するかと言うと海水温です。逆転層で,海水が極の海のように冷たくなります。冷水塊とも言いますけど,ソナーは音波を使いますけど,冷水塊を音波が透過できません。ここで,反射します。これ,出力上げて音を強くしても同じです。なんでわかったかと言うと,第2次大戦,潜水艦は120m位まで潜れるようになりました。そうすると,潜水艦は冷水塊に逃げ込んだら,絶対,駆逐艦のソナーとかで発見できません。それで,アメリカ海軍が調査して,冷水塊を発見して,冷水塊を音波が透過できないと言う事を発見しました。日本海軍は,間違っても,このような事をしない。音波が反射すると「貴様の精神が腐りきっているからだ。」と言って兵隊が殴られる。(笑)これでは戦争,勝てません。深海魚が,浅い海域に上がってこないのも,この冷水塊のお陰です。寒いので,通りたくない。(笑)それで,暖かい海にいたサメが,冷水塊超えられたか疑問です。25mというと,気仙沼等にいる大型漁船(100Tタイプ)位の大きさです。  

レス

 投稿者:輔住(トータス砲)  投稿日:2018年 9月17日(月)08時51分28秒
  〉安室

私にもどうでもいいニュース。
昨日の引退で騒ぐのも今日のワイドショーくらいまででしょうから、後数時間の我慢。(笑)

樹木希林さんについてはご冥福を祈ります。
冨士カラーのコマーシャルと (特に岸本加代子さんとの) 郷ひろみとデュエットの「林檎殺人事件」の印象が強いです。
 

私も

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月17日(月)04時09分44秒
  安室なんか,辞めようが死のうがどうでも良いわけで。樹木希林もそうです。全く興味がない。(笑)反対に,安室とうるさい。だから,マスゴミ。  

女優

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月16日(日)23時18分42秒
編集済
  財前直見(ざいぜんなおみ)と言う女優いますが,本名のようです。それで,財前ですけど,これ古代紀州の大豪族紀氏(きし)の末裔です。雑賀孫市で有名な,鈴木孫一も紀氏の流れですけど,こっちは自称の可能性が高いですけど,財前は平安時代の本姓目録だったかと言う本に載っています。だから由緒正しいわけです。物部,蘇我,大伴,紀,毛野等古代の大豪族で,由緒分かるの紀氏と藤原氏,菊池氏位です。紀氏の有名人は,壬申の乱の紀大人(きのうし)と土佐日記の紀貫之が有名です。紀大人は,壬申の乱の小早川秀秋みたい役割をしました。近江王朝の左大臣と言う高官でありながら,近江王朝のトップシークレットを大海人皇子にダダモレにしました。この結果,大海人皇子は,近江王朝の動きを弘文天皇(近江王朝の天皇)以上に知っていました。これでは,勝てるはずがない。(笑)女優の中で,一番由緒正しいのが,財前直見だと思います。少なくとも,紀貫之の子孫であることは間違いないですから。岡山の池田家も紀氏の一族と言われていますが,有名な佐々木道誉が紀氏の一族です。財前直見は,大分県ですけど,紀理綱と言う人物が,豊後の下向して財前を名乗りました。紀貫之の甥位にあたります。紀氏のこの時代の当主は紀貫之で,いとこの紀淑人が,藤原純友討伐軍の指揮官になります。実際は,純友は部下に殺されますが。紀貫之と紀淑人までが,紀氏が有名な時代です。和歌山県の紀伊三井寺がありますが,ここの住職と言うか宮司(当時は,神仏混合ですから)が紀氏だったようで,紀氏は大納言ですけど,紀州徳川家は中納言家。それで,紀州徳川家も,紀伊三井寺には,絶対行かなかったそうです。行ったら,紀伊藩主が先に平伏しないといけませんから。(笑)これは,前田のバカ殿が,絶対平時国の子孫である時国家の当主に合わなかったのと同じ理由です。財前直見の実家には,紀理綱からの系図があるそうです。古代の大豪族の流れで,今でも分かっているのは,紀氏だけだと思います。財前直見は,世が世ならお姫様です。
 

あむろ

 投稿者:照井高之  投稿日:2018年 9月16日(日)21時33分32秒
  こいつの引退ってだけでニュースは安室安室とうるさいわ。
正直のところクソみたいなJpopに興味なんか持たないオレにとっちゃ、
安室と浜崎と宇多田と矢井田の区別がつかん。木村カエラはなんとかわかる。
 

輔住(トータス砲) さん

 投稿者:太田 守人  投稿日:2018年 9月16日(日)19時20分26秒
  >吉澤ひとみの通報までの15分について私は酒量のアリバイ作りと水飲みだったと思ってます。

私もそう思います。それと,日本の検察と裁判所は,量刑を求刑する前に,必ず被害者に「量刑の最大は,これくらいですけど,これでよろしいでしょうか?」と聞きます。それで,被害者がOK出さないと量刑が出ません。これ日本だけのようですけど。示談が成立していると,量刑が軽くなります。ですので,加害者側は,示談を成立させようといろんな手を使います。一番多いのは,賠償金をウソーと言う位上げるのですけど。ただ,示談が成立していても,被害者が「治療費がないから,仕方なく示談に応じた。」と言うと,元も子もなくなります。ですので,被害者側の弁護士は,示談書に「苦情を言わない。」と言う条文を必ず入れます。このように,被害者側の感情も斟酌するのも,日本的で,日本だけのようです。
 

レンタル掲示板
/1960