teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 10号の合評(14)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


電動カートで根岸線に。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 4月12日(水)20時30分39秒
返信・引用
  母がお世話になった大船の病院へ事務手続きに。根岸線に電動カートで乗車。市営地下鉄以外にカートで乗車するのは初めてです。
イヤー、周囲に迷惑をかけたと思われますが、快適でした。10時ころ行きの乗車、帰りは昼前に下車。
市営地下鉄は先頭と最後尾の車両に車いすが置けるようなスペースがあり、地下鉄の駅員さんの指示で先頭か最後の車両に自走して乗ります。JRではどうなるのかと思ったら、JRの駅員さんがホームまで同行してくれ、両端の車両ではなく、真ん中辺の優先席付近のドアを指定され、そこに乗り込みます。下車駅ではその位置にそこの駅の駅員さんが待ってくれています。
帰りの大船駅では改札口から駅員さんが同行してくれました。いくら混雑時ではないとは言え、大きな駅ですから人も多く。他の方の通行の邪魔はしまいと緊張していたためか、乗るべきエレベーターを間違って、横須賀線のホームに降りようとしてしまった始末。
洋光台駅では、下車した地点から改札階へのエレベーターまで20メーターくらいあったか。自走しているとエレベーター前に他の乗客の姿。その方は僕の到着を待ち、扉を開けてくれました。先に乗り込み、その方が乗るスペースを確認。しかし、その方はちょうど来た下りに飛び乗っていってしまいました。
つまり、その方はエレベーターに僕が乗るのを手伝ってやろうと、20メーター向こうから亀のように遅いカートを辛抱強く待ち、扉を開けて僕を乗せるや、ご自分は電車に乗って消えるという、月光仮面か怪傑ハリマオのような人でした(近頃、ハリマオに嵌まっていて)。感激。

しかし、快適ではあったものの、乗車する権利だけを振り廻すだけの愚か者にはなりたくないので、カートでのJR乗車は、最後の手段としようと思います。
 
 

いや、もうひとこと

 投稿者:小田原漂情  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時41分19秒
返信・引用
   ヤマト運輸の現経営者は、小倉昌男氏の温顔と功績を思い出せ。そして管理職は、それゆえに自分の今の待遇や生活があるのだと、肝に銘じよ!これだけ、まず言っておきます。また、現場のスタッフの多くは、現在の苦境の中でも小倉氏の薫陶の通りに、礼儀正しく行動しているのだということを、申し添えておきます。  

もろもろ

 投稿者:小田原漂情  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時34分13秒
返信・引用
   大田原高校に、そのようなご縁がありましたか。私は日文A組の同級生が、四月から栃木県下の高等学校の校長に就任することになったと聞き、メールで祝辞を送りましたが、彼の勤務校ではないものの、亡くなられた先生が、去年一緒に同じ高校で勤務していた方だということを、聞かされました。ご冥福を祈るばかりです。

 ヤマト運輸の件は、言語道断!プライベートのメールでお知らせした通りです。

 過去4年半の「締め切り」の時期を過ぎ、今回は社業に集中して取り組みつつ、「何を、いつ書くべきか」(何を、は常にあるのですが)を、考えています。
 

県立大田原高校

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時36分23秒
返信・引用 編集済
  雪崩の犠牲になった方々、衷心よりお見舞い申し上げます。

栃木県立大田原高校と私の家は無縁ではありません。
戦時中、家族で栃木に疎開。終戦直後の混乱で学校に行けず、東武鉄道で働いていた父が新制の大田原高校に編入。弟も大田原高校に入学。
父も叔父も新制・大田原高校の開け染めた青空を駆け抜けた高校生でありました。
後輩のこの惨事、父も叔父もとうの昔に亡くなっていますから、耳にしないで済みました。
済みました。
済みました。
万感の思いです。
 

センター長より回答あり。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 4月 1日(土)10時32分52秒
返信・引用 編集済
  全ての人にとり、理不尽なことは多くある。
障害の有無に関わらず、それらを打開し、或いは我慢して行かなければならない。
しかし障害者は自力では打破できない場合が多く、ひたすら耐え忍ぶのが専らである。
今回の件につき、回答メールが来たが、その内容は、行間から、私にもっと忍従を求めているような物だ。「配達員が違法行為をしても、受取りに時間のかかる障害者は、黙っていろ」と言っているのと同じだ。
この会社は飽和状態で、自らの未来を描けない。

 

クロネコヤマトに質問状送付・

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 3月30日(木)18時01分18秒
返信・引用
  怒りがおさまらないので。
氏名住所と該当の伝票番号を添えたのは無論です。
 

「クロネコヤマト」当地の配達員は無礼であり、法に抵触した犯罪者と見做す。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 3月30日(木)16時11分32秒
返信・引用 編集済
  哀しすぎるので、告発する。
呼び鈴が鳴り、2階から階段を降りていると、障害者の階段下りが待ちきれなかったのか、
・人の家の玄関を勝手に開け、許可もなく侵入。
・「受け取りのサインはコチラで書いておきます」と一言。それで帰った。
私は未だ階段の途中だった。

ニュースを引き合いに出すまでもなく、彼らは多忙なのだろう。だから日時も指定せず、用事を後回しにして、家にいた。
「階段を下りるのが遅い、私が悪い」という遠慮が障害者にはある。しかし彼は、私が下りていく様子を目にしていた彼は、時間がかかる事情が分かりながら、それでも1分とはかからない、私にとって必要な1分を待てなかったのか。10分ではない。私と彼は初対面であり、障害者だから歩行に間があるとは彼は知らない。しかし彼は目の前で私の様子を見ていた。なんらかの理由があって階段下りに戸惑っていると理解していたに違いない。、
自分が忙しく待てないからと言って、不法家宅侵入、および、私のすべき受け取り署名を配達員が勝手にする(私文書偽造にあたるのか知らないが) ことは許されない。最後まで一言の謝罪もない。
人を人とも思っていない所業。
この配達員からは、残念ながら、この会社の姿勢も窺い知れる。
昨日、29日の出来事。
 

フランスベッド(株)メディカル事業部に感謝。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 3月21日(火)17時05分35秒
返信・引用 編集済
  同事業部に玄関上がり框用の手すりと、ついでに自室へ手すり兼、つっかえ棒を付けてもらいました。電動カートのレンタルに加え、感謝、感謝。
母の退院は25日の予定。用意万端です。
 

石井さん、有難うございます。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 3月10日(金)13時43分27秒
返信・引用
  お母さまは大変でしたね。リハビリも辛かったでしょう。
私の母は、ただ単に、大腿骨の単純骨折です。手術をしボルトで固定しました。退院には術後1月はかかると言われるも、しかし、本人の頑張りでリハビリが予想以上に進み、来週あたりには退院できそうだと言われたそうです。
それは喜ばしいけれど、自宅の中をどのような状態で歩くのか不明なので、取りあえず、階段・廊下の床面に転がっている障害物の撤去を。面倒。
介護保険の認定調査は13日。調査結果が認可されるとしても1,2か月先だそう。しかし、調査さえ済めば実際の認可前でも介護保険の各種サービスが暫定的に受けられるそうです。それを使って介助ベッドのレンタルが間に合いそう。
 

わが母も

 投稿者:石井綾乃  投稿日:2017年 3月 9日(木)20時21分52秒
返信・引用
  お母様、お大事になさって下さいませ。うちの母も去年の今頃、圧迫骨折で入院し、脊髄にセメントを注入する手術を受けました。「病人は医師や看護士が診てくれるけど、看病する人を診てくれる人はいないから、大事にして」と励まされたことがあります。お母様ももちろん大変でしょうが、安堂さんもお身体ご自愛くださいね!一刻も早いご快癒をお祈りします。  

暮からの風邪が治りきらず

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 3月 6日(月)14時50分48秒
返信・引用
  良い雨ですね。湿気が出れば復調も早いかと。
風邪ではゆっくり見舞いもできず。困るとロクなことは考えないものです。入浴しました。逆療法になるかと思い。
結果として、たまたまでしょうが、7割がた回復しました。
 

漂情さん、有難うございます。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 2月23日(木)22時44分15秒
返信・引用 編集済
  強風も怖いですね。知識としては猛威も知っていたものの、垂乳根がその脅威に曝されるとは。身体の俊敏な人なのですが、いずれにしても、ひどい転び方をしたようです。
次の火曜に手術。順調なら一月後に退院予定。退院後もリハビリが必要との事。
リハビリに備え、介護士に自宅に来てもらったり、介護用ベッドをレンタルする必要で、本人の介護保険を申請し直したり、また退院後の衣食の世話に備え、練習を始めねばならず、またまた、偶然にも取引のある生命保険の外交員から電話があり、世間話の延長上のつもりで事情を話すと「入院給付金が出る」との事。「えっ」と驚きましたが、その人が明日、家に説明に来てくれます。
病院にも必要物資を持って通っているし、自分の闘病や年度末に係る地方税申告とカチアイ、テンテコマイ。

サラリーマンの時以来の気ぜわしさかも知れないですねえ。本人の体調に直接の影響のない気安さからか、その落ち着きのなさが少しだけ懐かしいかも(笑)
 

いかがですか?

 投稿者:小田原漂情  投稿日:2017年 2月23日(木)01時58分4秒
返信・引用
   記事を拝見しながら、コメントが遅くなりすみません?お母さま、ご様子はいかがでしょうか?  

今日の強風、高齢者があおられ転倒、骨折。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 2月20日(月)23時00分32秒
返信・引用
  複数の大きな骨折らしい。入院手続きに明日行ってきます。くしくも、大船の病院。  

「安堂詩集」は個人的な告知板と化しました(笑)

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 2月11日(土)15時43分46秒
返信・引用 編集済
  母校の高校は平成15年になくなっています。しかし、その公認「同窓会」は継続して活動、機能しておりました。
会員1万名を軽く越える大所帯でありながら、「同窓会」の収入は毎年の卒業生が卒業時に収める千円程度の金のみ。ところが平成15年を最後に新規の卒業生は存在しないので、無収入に転落。

この5月に最後の「第50回記念総会」を開き、それを機に、とうとう活動休止との事。
残念ですが、致し方なし。会長、役員、ご苦労様でした。
「同窓会」としては「第50回記念総会」について、多くの卒業生に郵便で案内したいのでしょうが、切手代もない有様。そこで無作為にピックアップした卒業生のみに案内状を郵送。案内を受け取った者が、個人的に人を集めるという「人海戦術」を採っているようです。上手く行ったらイイと願っています。
ぼくも案内を受けとりました。何人かに電話やメールをし、まだ出来ることはないかと考えたところ、あったー! 「安堂詩集」とヤフーのブログ。
それで「安堂詩集」の表紙は告知板となってしまったわけです。
あまり見ている人はいないのですが、卒業生の一人にでも目に留まれば良いな。ヤフーのブログの方は、1期2期とか、かなりの卒業生が見てくれているようですが(僕は15期)。
 

ウルトラ警備隊がやってきた。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 2月 7日(火)18時51分34秒
返信・引用
  塗装やシール張り。大変そうですね。不器用だから施さない方が華、そんな気も。でもどうせ組み立てるなら、やりたいし。でも、でも、散財は嫌だし(笑)。まだ組み立てる気が起きず、それでも、春までには手を付けたいと。
趣味の物は何でも高いですが、御他聞にもれず、プラモデルも高いですねー。
ポインターが欲しかったんです。ポインターが手に入るなら、ホークの各号やマグママライザーなども欲しいと思ったのですが、財布と相談。結局、ポインターと1号のみ購入。
3号は安価なものが来月発売なので予約しました。税込み459円。この3号の価格と、価格に比例した簡単な組み立てが、僕には丁度イイかも。
ウルトラセブンの挿入曲を収めた廉価版CDも購入。部屋に鳴り響いていますよ。
 

おお!やはり?

 投稿者:小田原漂情  投稿日:2017年 2月 4日(土)23時59分35秒
返信・引用
  スマホで見て、ウルトラセブンのホーク1号とポインターではないかと思っていました )^o^( PCで見たらやはり!いいなあ )^o^(

塗装はされているのですか。シール類は? これを塗るのは、むずかしいです。

私は2000年に㈱文理を退職し、しばらく「フリー」をして再就職する前に、旧日本軍の戦闘機をひとつ、作りました。細かい技術もさることながら、塗料類を常備しておくことの難しさと、住環境への気兼ねから、難しいなと続行は断念しました。

しかし、良い気晴らし、充電になるのでは?できたところを掲示板で見せて下さいな。
 

今日が雪でなくて良かった。

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 2月 1日(水)08時57分42秒
返信・引用 編集済
  今年の入試も、いよいよ今日が天王山だそうですね。「御三家」と言われている私立の中学の入試日が集中しているような。高校、大学(院)、専門学校の入試も今月がピークでしょうね。
落ちる人がいるのが現実だけれど、皆が持てる力を遺憾なく発揮し頑張ってほしいものです。
ところで、わたしにとって充電になるのかどうか、40年以上ぶりにプラモデルを買いました。
買ったはいいが不器用なのでイイ仕上がりにはならないと思います。箱を眺めている今が楽しいですわ。
 

充電もしくは見直しを

 投稿者:小田原漂情  投稿日:2017年 1月30日(月)02時21分8秒
返信・引用
   まもなく2月になります。『Web頌』を10号まで発行していただいたので、5年前の春からの4年半、半年ごとに3月末、9月末には締め切りがあり、そのために半年構想を立てながら、2か月前の今ごろからは具体的なプロット立てや、早ければ本文を書きはじめている、という5年間を過ごしてきました。

 10回のうち7回は、一貫したテーマの小説でしたから、「どう書くか」には悩みながらも「何を書くか」という悩みはありませんでした。そして今回、締め切りがなく、思うことは、この機会に自分の書くもの、文学的姿勢を、一から見直してみようではないか、ということです。

 受験指導で忙しいため、今まで読んでいなかった本を読もうという計画には、着手できていませんが・・・。
 

ウォーターハンマーの顛末

 投稿者:安堂  投稿日:2017年 1月18日(水)22時20分27秒
返信・引用 編集済
  学習塾も入試本番を迎えますねー。
ウォーターハンマー&漏水は直りました。さすがはTOTOのサービスマン。現場を見て、瞬時に原因と修理すべき箇所を特定。30分もかからず作業完了。ホッとしました。
安心すると、気になるのは料金。今回、TOTOへの依頼者は僕ではなく工務店。TOTOは工務店に請求。それを受け工務店が我が家に請求し直します。工務店はマージンを取るわけです。
もっとも安上がりだったのは、工務店の介入なしで我が家がTOTOに依頼する方法でしたが、僕が「ウォーターハンマー」という現象を知らず、何が何だかお手上げの状態だったので、解明してくれた工務店には感謝しています。
幾らになるか、工務店からの請求書はまだ。高いかもしれないけど、仕方なしか。
いい加減な仕事をした水道屋には、減額交渉をするのはモチロンですけれど。
 

レンタル掲示板
/25