teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


参考HP コンシールドタング

 投稿者:TRAPPER  投稿日:2012年 2月 3日(金)15時57分56秒
  鈴木伸明 氏
コンシールドタングの作り方が参考になる(HP有り)。
ハンドル材 ―(タング+インサート部分)― ハンドル材という組合せ。
ハンドルの部分が3ピース構造(ナイフ本体は別にして)。
タングの周囲・後方につながる部材があることで、ハンドルの付け方が
フルタングの場合と同様になる。
2ピース構造のような溝掘り加工が必要ない。

これは参考になる。
トリマーまで揃える余裕のないホビーメイカーにはありがたい。
 
 

信用無くすのは一瞬の些細なことで十分

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年12月19日(月)15時27分42秒
  よく熱処理を頼んでいた店の店員さんがお辞めになったとのこと。
色々教えてくれていい人だったんだがなぁ。
他店に移ったのか、この業界から足を洗ったのかは不明。

先日行った際に対応に出たのは、こちら細心の注意で磨いたブレードを
ガッチャガチャ言わせて扱うような気の利かない奴だった。
内心で、ぎゃあ!と声を上げたね。こちとら手ヤスリ派なのに凹ませたら
どうオトシマエつけるつもりじゃい~!もうキミには頼まない!
 

嫌煙派

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年11月11日(金)11時55分16秒
  たばこ増税をやめると!?
所得税は増やす(しかも25年間)と!?
中毒性のある嗜好品なんざぁ値上げしたってかまわんだろが!
テメーらヤニ吸いの分の負担を非喫煙者に回すな!
給与所得控除も続いて縮小する気だしな!
アホめ。
 

細身 2本 柄付け中

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 9月 2日(金)12時17分4秒
  クロモ7の2本を柄付け中、1本は終了、カシメも終わって後は磨き作業。
紐通しのパイプは余り残したまま、面取りビットで広げようとすると
うまくいかないのか。ビットの切れ味の問題かもしれないが、
バリがうまく取れず、荒い仕上がりになった。
もう1本は無理に広げずに、ヤスリでぎりぎりまで削って、内径を少し面取る
方法にするかな
 

北海道

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 8月26日(金)12時47分3秒
  泊原発3号機の運転許可した知事、経産省出身か。

・2011年5月にはプルサーマルを進めるべく経産省に輸入燃料体の検査を申請。
・その燃料は仏フランスのメロックス社で製造(3月に燃料の加工契約を
 三菱原子燃料(茨城県東海村)と締結、同社がメ社に製造を委託)。
・2012年春の定期点検時にはMOX燃料に換装し、プルサーマル発電を開始予定。
・8月23日現在製造は始まってないらしく、次々回の定検時になるかも。

キチガイ沙汰だね、こりゃ。
 

熱処理あがった

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 8月10日(水)12時25分4秒
  クロモ7はペーパーが、やはりよく効く。ヤスリの時は粘る感じがあったが、
ヤキが入るとそのネバさがなくなる感じ。ちゃんと切れる刃が付くのかのか?と
不安になるくらい。
 

熱処理2本

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 8月 3日(水)12時14分51秒
  クロモ7の2本を熱処理へ。ボルスターが荒削り段階で約4~5mm厚、余り余裕がないかな。
2~3インチのトラウト&バードだからちょうどいいか?
ローズウッドとココボロのハンドルにする予定なので、慎重にカシメなければ…。
失敗を避けるためにコーリアンにしておこうかな…。

 

夏 カレラ

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 7月 1日(金)12時00分52秒
  夏の朝、まぶしいホワイトの911カレラが坂を駆け上がってきたのにすれ違った。
夏に純白のカレラ。入道雲と麦わら帽子…そんな連想。
リアスポイラーがキマッていて、ちょっとカッコ良かったな。
 

角鉈

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 6月27日(月)13時44分55秒
  下記のような鉈を注文。
先に売れてなければ届くのは8月かな。

------------------------------------------
訳あり角鉈(注文キャンセル品とのこと)

刃長:6寸。
刃:黒仕上げ(但し、仕上げ砥ぎしていない)
鋼:炭素鋼(黄紙に近い。武生V1かV2あたり?)。
地金:極軟鋼。
片刃(裏スキ)。
柄:楢の削り出し(但し、仕上げ削りまではしていない)
------------------------------------------------
 

D2-2号 シース9割完成

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 2月22日(火)18時30分2秒
  以前浅草橋で買った革が、当初柔らかいように感じたが、ウェットフォームしたら
結構硬く締まった。ヌメ革は大体こんな感じなのかな。
あとはベルトの長さを合わせてオイルを塗ればとりあえず完成。
今回、コバコートを使ったが、乾燥が速くて光沢も出る。トコノールより手軽だな。
但し、塗ってから磨こうとするとハゲて白茶けてしまう。
事前にコバを十分磨いておく必要がある。
 

D2-2号 シース変更

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 2月18日(金)13時20分20秒
  ポーチタイプではうまくいきそうでないの普通のストラップ付きに変更の予定。
縫う距離が倍になるんだよなぁ…。
 

D2-2号 シース

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 2月17日(木)12時05分30秒
  D2-2号はランスキーで刃付けしたのち、皮を下に敷いた紙ヤスリで段をならし、#2500で磨く。刃先をトランスルーセントのアーカンソー砥でなでなで。
研磨剤使えばもう少しぺカぺカになるだろう。
やはり厚ぼったい印象になったか…次回はもっと薄くしよう。
というか、ハマグリは当分作らなそうだ。次はフラットを極めよう。

シースを作るのは3個目だ。大体の要領を掴んできたので型紙作りもサクサク進む。
ポーチタイプにする予定。ナカゴの厚さはいつも悩むね、特にハンドル付近。
 

D2-2号 刃付け

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 2月 1日(火)09時40分15秒
  ハマグリを目指しているが、まだ途中の2段刃状態。
自分の削り方の場合、直線部分からカーブの始点までが厚く残るようだ。
次からは意識して薄くしよう。
焼入れ前の研削の仕上げ段階で、ランスキーで均等さをチェックしてみるか。

刃付け中、ホーニングオイルの入ったボトルが破裂し顔から足までオイルまみれになった。
相当古いものだったからプラスチックが劣化していたのかも。
眼にもはいったかもしれない。洗い流しはしたが何事もなければいいが…。
 

以前作った

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 1月24日(月)13時08分44秒
  ATS-34チューリップウッド柄のハンドルを成型し直し&刃付け。
シースが若干ゆるくなったが、抜け落ちるほどではない。
途中、カシメが2本抜けたので打ち直し。また抜けるのがいやなので、
念のために接着剤も注入…カシメたら剥がれたし。
カシメ付近に残る凸凹は見なかったことにする。

元は千円しない端材から切り出したもの。
ブレイド長がもう少し欲しい。まあ、デザインの問題も大いにあるが。

べベルストップ付近の刃がつきにくい。ブレードの削り方が下手だったのか。
しかし力のかかるあたりだからこれで構わないのか…?
 

D2-2号 ハンドル付けた

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2011年 1月11日(火)09時48分33秒
  袋に入れて湯に漬け、接着剤の効果促進。
マイカルタは切削時の粉じんがやはりすごい。

ハンドルは、意識せずに削っていくと丸っこい印象になってしまう。
前方はいい薄さになったが、小指・薬指あたりについては
もう少し粉まみれになる必要がありそうだ。
よく削れる木工用半丸ヤスリが欲しくなってきた。
 

DC53

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2010年12月22日(水)17時42分29秒
  ある店でDC53を物色、製造時の歪み(反り)がみられるものがあった。
鋼材として不安定なのか?
440Cも買おうか迷ったが、アウトレット品のATS34を購入。
物色中にナイフメイカーの伊原さんが来店、写真のイメージより大柄な方だ。
 

D2-2号 熱処理

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2010年12月20日(月)14時08分15秒
  D2-2号を熱処理へ出した。店の人とハマグリについて話す。
商品のナイフや鉈をいろいろ見せてもらったが、
鉈でも結構薄い刃(かつハマグリのRもきつくない)であることに、ちょっと驚く。
土佐打ちの鉈なんか、大丈夫かと思うくらい薄くて軽かったな~。
もう少し薄くてもよかったな。

あと、切っ先付近の肉厚をもっと落としたほうが使いやすいとのアドバイス有り。
やっぱりそうか~。参考にします。
 

進行:D2‐2号

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2010年12月13日(月)12時23分39秒
  D2‐2号は、#600までペーパー掛け終了。
べベル付近ももう少し仕上がりに近付けておこう(#400からやり直す)。
#800か#1000まで済んだら熱処理に出そう。
年内間に合うかな?
 

ハンドルの形

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2010年12月 6日(月)13時27分6秒
  キクさん風のやつのハンドルを考える、人差し指あたりは割とプレーンな感じ、
その他の部分は初期イメージより堀が深くないようだ(“夕凪”風にしようかな)。
マイカルタは意外と削りやすそうだ。小刀でも削れた。堅いというよりも、張力が
あるようなイメージ。
 

刃先の削り残す幅

 投稿者:TRAPPERメール  投稿日:2010年11月17日(水)12時41分55秒
  刃先の削り残し幅、焼き入れ前0.3~0.5mmと言われている。
自分の場合は、ペーパーまでかけて行くとかなり薄くなり
指を押しつけると痛いくらいになってしまう。
今のところ(といってもATS-34のだけだが)熱処理で反り・割れはなし。

残す幅によって、出来上がり時の刃先の強さを変えられる。
文献によれば1mm程度残すこともあるらしい。
 

レンタル掲示板
/7