糖尿の沢辺徹の掲示板

いろいろな事をUPします ときどき画像掲示板 糖尿の沢辺徹



カテゴリ:[ アダルト ]


142件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[147] 元乃木坂48の橋本奈々未の騒動

投稿者: D 投稿日:2017年 4月25日(火)19時54分21秒   通報   返信・引用

橋本奈々未とソニーミュジックエンタテイメントの村松取締役(53)

https://matome.naver.jp/odai/2148073619638524201




[146] テレビ朝日 紀真耶

投稿者: D 投稿日:2017年 4月22日(土)22時30分7秒   通報   返信・引用

紀 真耶(きの まや、1992年11月7日 - )は、テレビ朝日のアナウンサーである。

東京都出身。身長163cm。 青山学院高等部、青山学院大学国際政治経済学部卒業。
中高大ではスキー部に所属、アルペンスキーに打ち込み、スキー準指導員の資格を持つ。

また、2012年ミス・アース日本代表選考会でファイナリストとなり、JOYSOUND特別賞を受賞。

2015年10月から情報番組『お願い!ランキング』に、単独MCとして初のレギュラー出演。

同期入社は池谷麻依、田中萌、?山木翔遥、山崎弘喜。



[145] 週刊誌・20170419

投稿者: D 投稿日:2017年 4月20日(木)09時58分10秒   通報   返信・引用

週刊誌



[144] NHK 森花子

投稿者: D 投稿日:2017年 4月13日(木)21時39分54秒   通報   返信・引用

森花子さん



[143] 安倍昭恵夫人

投稿者: D 投稿日:2017年 4月 9日(日)23時10分9秒   通報   返信・引用

安倍首相夫人の記事



[142] ソニン

投稿者: D 投稿日:2017年 4月 8日(土)17時49分40秒   通報   返信・引用

ソニン(SONIM、1983年3月10日 - )は、高知県出身のタレント。
デビューからしばらくは歌手として活動していたが、
2003年より女優としても活動するようになってからは
女優業をメインとしている。国籍は韓国。



[141] 刑法犯件数が戦後はじめて100万件以下に 2016年

投稿者: D 投稿日:2017年 1月19日(木)11時01分25秒   通報   返信・引用

画像は記事とは無関係です

2016年の刑法犯認知件数(速報値)が99万6204件となり、
戦後初めて100万件を下回ったことが19日、警察庁のまとめで分かった。
戦後最少だった前年から、さらに10万2765件(9.4%)減った。
7割以上を占める窃盗の大幅減が要因だが、大半の罪種で改善が見られ、全ての都道府県で前年を下回った。警察庁は、街頭犯罪の摘発強化や防犯ボランティアの活動、防犯カメラの普及などが奏功したとみている。
 認知件数は、ピークだった02年の285万余りから14年連続で減少。
都道府県別で前年比の減少率を見ると、山梨が最高の20.9%で、宮崎19.4%、
石川18.2%、大分16.3%などが続き、22府県で10%を超えた。
 罪種別で、ピーク時に237万件余りあった窃盗が72万3189件となり、
前年から約1割減った。中でもひったくりはピークの15分の1に当たる3495件だった。
(2017/01/19-10:13)

神奈川県警 平成28年(2016)1月ー12月

平成28年1~12月累月の刑法犯の認知件数は58,128件、
検挙件数は22,964件、検挙人員は16,364人、検挙率は39.5%で、
前年同期と比較すると認知件数は3,536件(5.7%)、検挙件数は3,452件(13.1%)、
検挙人員は1,821人(10.0%)減少し、検挙率は3.3ポイント下降した。

包括罪種別の認知件数は窃盗犯が3,420件(7.3%)、粗暴犯が324件(7.1%)、
凶悪犯が54件(15.8%)減少し、知能犯が242件(9.7%)、風俗犯が61件(7.5%)増加した。

検挙件数は、窃盗犯が2,679件(15.7%)、知能犯が360件(27.1%)、
粗暴犯が193件(5.2%)、凶悪犯が17件(5.6%)、風俗犯が7件(1.0%)全て減少した。

平成28年1~12月累月の重要犯罪の認知件数は791件、検挙件数は660件、
検挙人員は428人、検挙率は83.4%で、前年同期と比較すると認知件数は1件(0.1%)、検挙件数は24件(3.5%)、
検挙人員は23人(5.1%)減少し、検挙率は3.0ポイント下降した。

平成28年1~12月累月の重要窃盗犯の認知件数は5,123件、
検挙件数は2,967件、検挙人員は445人、
検挙率は57.9%で、
前年同期と比較すると認知件数は913件(15.1%)、検挙件数は380件(11.4%)、検挙人員は36人(7.5%)減少し、検挙率は2.4ポイント上昇した。

https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesc0025.htm



[140] 紳士服大手がスーツ事業以外へ

投稿者: D 投稿日:2017年 1月17日(火)22時24分49秒   通報   返信・引用

紳士服大手が主力のスーツ事業以外の収益源の構築を急いでいる。
業界4位のはるやま商事は4日、新規事業への参入などを目的に純粋持ち株会社に移行。
コナカや首位の青山商事も飲食事業に力を入れる。
高齢化などを背景に国内の紳士スーツ市場はここ10年で3割減った。
郊外への出店ノウハウなどを生かし、多角化を急ぐ。

 はるやまは同日付で「はるやまホールディングス(HD)」の傘下に
スーツやカジュアル衣料販売などの5子会社がぶら下がる組織となった。
「既存の枠組みだとアパレル以外はポジティブになりにくかった」(同社)。
今後はアパレルにこだわらず、眼鏡や靴など服飾雑貨も本格展開する。

 コナカはフランチャイズチェーン(FC)展開で、
2016年夏にからあげ専門店「からやま」の出店を開始。
とんかつ店「かつや」など他業態も含め5年で3倍の40店弱に増やす。
青山商事もFC展開する焼肉店「焼肉きんぐ」などの飲食店を
2年以内にも5割増の50店に増やす目標だ。

 コナカや青山商事が飲食事業に注力するのは郊外への出店ノウハウを生かせるほか、
紳士服店と併設すれば空きの駐車場を有効利用できるためだ。
FCなら共通マニュアルを基にするため、
他業種でも運営しやすい。豊富な資金力をベースに地域に集中出店すれば認知度も高まる。

 調査会社の富士経済(東京・中央)によると、
「とんかつ・カツ丼」の市場規模は20年に現在より13%増の505億円、
焼き肉(テーブルオーダー型)は11%増の1490億円を見込む。
「とんかつ店や空揚げ店はまだ競合が少ない。立地が悪くても集客でき、利益を出しやすい」
(コナカの湖中謙介社長)

 青山商事の青山理社長も「飲食はまだまだ伸ばせる」と強調する。
15年末に買収した靴修理などの「ミスターミニット」などもあわせ、
ビジネスウエア以外の売上高を現在の2割から4割まで高める目標を掲げる。



[139] パチンコ店が減少中

投稿者: D 投稿日:2017年 1月 9日(月)18時12分17秒   通報   返信・引用

 全国のパチンコ店の組合である、全日本遊技事業協同組合連合会(通称:全日遊連)の発表によれば、
加盟店舗数が2016年11月末現在で遂に10000店舗を割った。
全日遊連には、日本全国のパチンコ店の99%以上が加盟しており、
発表された資料には「9993店」と記されている。
最盛期の1995年には全国に18200店舗あった店舗が、わずか20年で45%も減少した。
直近の1年間で言えば、平均して毎月37店舗が廃業しており、18店舗が休業している。
12月末には「MAX機」が完全撤去となり、遊技機の入れ替え費用の負担に耐えられず
廃業する店舗が増えることは必至で、店舗減少のスピードはより加速化すると言われている。

 20年で45%の店舗数減少の理由は、大きく3つある。
一つは、新規客が増えないこと。現在のパチンコ店のメインユーザーは、
65歳~70歳の団塊の世代と、団塊ジュニアと呼ばれる
その子ども達の世代(ジャンプ世代とも言われる)である。
しかしそれ以降の世代、特に20代のパチンコへの新規参加数が激減しているのだ。もともと、うるさい、くさい、こわいというイメージから若者から敬遠されていたパチンコであるが、スマホゲームの普及などの娯楽の多様化により更にパチンコ店の敷居が高くなった格好だ。
二つ目は、パチンコに使用する金額の高額化だ。
高い射幸性を望むコアユーザー達のニーズに応える形で、等価交換営業へのシフトが行われ、
昔のように長く遊べるものでは無くなった。
現状だと大当たりを引かなかった場合、30分程で1万円が消費されることもある。

◆店舗数は激減するも、設置台数は微減に留まる
さらには遊技機自体の高額化も問題だ。20年前には1台20万円もしなかったものが、
今では新台1台当たり40万円前後となっている。
遊技機費用の償却が優先される営業が、お客さんの負担になり、
常連客ですら足が遠のいてしまった。

 最後の理由は、業界の地域文化の崩壊である。
やはり20年前は、各地域(市町村の町レベル)でパチンコ店同士の申し合わせ等があった。
設置台数の数や、店休日の日取り、広告宣伝のルール等、
地域ごとに持ちつ持たれつの、どこか牧歌的な協業関係が築かれていた。
しかし近年は、マルハン、ダイナムなどの大手ナショナルチェーン店が自由競争の原理を盾に、
全国津々浦々、問答無用の出店を行い、「地域カルテル」は一挙に崩壊した。
資本力に乏しく、家族で経営していたパチンコ店などひとたまりもない。
全国8000店舗から6000店舗までの減少が「規定路線」だとも言われている。
しかし、店舗数の減少スピードに対し、全国の遊技機設置台数は大きく減ってはいない。
警察庁が毎年発表している「風俗関係事犯の取締り状況等について」によれば、
5年前の平成23年には全国にパチンコ・スロット台が458万台設置されており、
その数は、最新データの平成27年でも変わらない。(※2000台程度の減少)

◆地元の老舗店が大量に廃業する代わりに大型店が隆盛
これは何を意味するのか。一言で、1000台クラスの大型店の出店が多いということ。
200台クラスの「地元の老舗」が5店廃業し、1000台クラスの大型店が1店舗出来る。
この繰り返しなのだ。実際、同データによれば、
平成26年からの1年間で300台以下の店舗が232店舗減少しているのに対し、
1000台以上の店舗は35店舗も増えている。

この流れは、今後も続く。
今後5年間でパチンコ業界内ではM&Aが繰り返され、
全国3000社ほどと言われる経営法人数も、500法人程度まで集約されると言われる。
地域の八百屋さんが中内功のチェーンストア理論により
ダイエー(2015年、イオンの子会社化)に淘汰されていったように、
地域の酒屋さんがコンビニ化し大手3社が全国シェアのほとんどを握ったように、
やはりパチンコ店も経済原理のそれを逃れることは出来ないだろう。



[138] Satomi

投稿者: A 投稿日:2016年11月17日(木)16時52分31秒   通報   返信・引用

Satomi


レンタル掲示板
142件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.